ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2014.11.13 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.08.27 Saturday

今年の帰省 《かわべ天文公園編 8/27》

 ・・・今日は10/9・・・・(十三夜じゃん・・・)

前回のつづきです。

雲が多くなってきたので、アラームをセットして早めに寝ました。
夜半過ぎには晴れるかもしれないと期待を込めて・・・。
だけどアラームを無意識に止めてしまって二度寝して・・・、「はっ!」と起きた時は、すでに薄明が始まっていました。



晴れてたのねぇ・・・orz
星が消える前に撮らなくちゃ!と、あんまり構図は考えなかったのですが、思いがけず冬のダイヤモンドが入っていました。
(ソフトフィルター付ければよかったなぁ。)



かわべ天文公園の天文台「観星塔」と月


だんだんと星が消えてゆきます。


・・・月だけは撮れるなぁ・・・



この像の女の子には2年前にもお世話になりました^^





とうとう星は見えなくなってしまいました。





撮影していた場所から御坊市方面を望む。

朝だねー。






この後は部屋に戻ってチェックアウトの荷物の整理やら、朝食やら、いろいろと。

部屋にあったもの。



「星空ガイド」。
ここならでは!ですね。




壁に掛けてあった絵。




テラスにピラー脚。
この上の部分はフロントで貸してもらえます。

このテラスにカメラを放置して、前回の写真を撮りました。
テラスから天の川が撮れるって、なんてお手軽なんでしょう♪

来年も行けるかなぁ?


チェックアウトして、ダンナの実家へ向けて出発!




途中、こんなところに寄ったり



和歌山ラーメンを食べたり


ゲリラ豪雨に何度も遭遇しながら、ダンナの実家に夕方到着しました。



夕飯は・・・



お寿司〜^^
この旅行で何度目だろう???
だけど、とっても美味しかったです♪

実家には一泊だけして、翌日帰ってきました。


今年はいつもよりも短い帰省だったけど、盛り沢山だったかな?
かわべ天文公園にはまた来たいけど、ホエールウォッチングはもう二度とないだろうなぁ^^;
2011.08.26 Friday

今年の帰省 《かわべ天文公園編 8/26》

 ・・・今日は10/6みたいです。。。


かわべ天文公園にはじめて泊まったのは2年前。
「すごーい!!!(本当は、すげー!!!です)」と何度言ったか分からないくらい、天の川がハッキリ分かるすごい星空をここで見ました。
自宅がある埼玉県鴻巣市では、天の川なんてどう足掻いたって肉眼では無理!
4等星が何とか見える空で、天の川なんて写真に淡〜く写るくらい。
天文台の100cmの望遠鏡で見たM13とM57も素晴らしかった!

またあの時の星空が見たくて、今年もここに泊まることにしました。


が!かわべ天文公園はトンでもないことになっていました!
100cmの望遠鏡の機嫌が悪いことは予約を入れたときに伺っていたので、今回は覗けない、ってことではありません。
(あ、望遠鏡はすでに機嫌が良くなっています。)

んじゃ、何か!
これです、これ!!!
右下の灯り!!!!!

19:17
カメラ放置開始。まだ薄明が残っているから露出オーバーだけど、暗くなればたぶんこれでOK!
すでに灯りが点いてます。シャッター押した時は気が付かなかった。。。

19:22
放置しているうちに全開となり。。。

21:43
この時間まで全開。このあと下の写真の明るさになり。。。

21:48


22:08

23:05
やっと消えた。


これ、2年前にはなかった野球場の照明です。
観望会の時間帯もスッポリ入ってしまう時間に、影ができ目が眩むほど煌々と光を放っていました。


もお!天文公園の近くに、ナニつくってん!!!
こっちが先やぞー!!!


好きなこととか趣味とかは人それぞれあると思うけど、何とかならなかったのかな。。。




コスモポート前

野球場は右の方にあります。
眩しいのなんのって、やっぱりおかしいよね。
ドームは無理でも、屋根を付けたり(サッカー場じゃないから無理かぁ)、何か方法はなかったのかなぁ。

せっかくの星空が台無しです。






放置撮影していたものから、照明が眩しかったカットを除いてコンポジットしてみました。



1枚だけ抜いてみました。


見た目に近いかな?
灯りが消えて、やっと本来の星空が戻ってきました。
でも賑やかな夏の星座から、秋の星座に代ってしまいましたねー。

天気もあまり良くなかったので、この夜はここで終了。

翌朝、早めに起きるつもりが、うっかり寝過ごして、すでに薄明の時間になってしまった話は、また次回でします。
2011.08.26 Friday

今年の帰省 《串本 ホエールウォッチング編 8/26》

 ・・・しつこいようですが、今日は9/25。


今回の旅行の宿は、当初は星の良く見える宿1ヶ所2連泊でした。
でも折角行くのだからと、5年前に諦めたホエールウォッチングを入れることにしました。
(ホエールウォッチングの乗船条件は小学生以上。5年前は息子が乗れなかったんです。)

そうと決まれば、漁船の予約をして、港の近くに宿をとって、連泊するはずだった宿の予約を1泊分キャンセルして・・・。
ホエールウォッチングにずいぶん掛かってしまうので、宿は格安も格安、寝ることができればいい!という宿を選びました。
電話で予約した時に民宿のご主人が「私はいませんので。」と言った意味が、現地に行って分かりました。




民宿「南紀」

入口を入ったところに管理人室のような窓があったのですが、お留守。
壁に注意書きのパネルが何枚か貼ってあり、ホワイトボードには各階の部屋番号と泊り客の名前が書いてありました。
「ウチは3階の301号室ね・・・。」

部屋に入るとテーブルの上に空の封筒と領収書が置いてあって、空封筒に宿泊代金を入れて2階の郵便受けに入れるようにとメモ書きがありました。
予約の時に「宿泊代はお釣りがないように用意してください。」ってこういうことだったのね。

早速郵便受けに封筒を入れに行くと、カギは一応掛かっているものの、投函口から手が入りそうな感じ。
「大丈夫なんかい・・・?いつ回収に来るのかなぁ・・・。」

最近、こういう宿も民宿って言うんだなーと、軽くショックを受けました。


お風呂はシャワーしかないので近くの観光ホテルに入りに行って、夕飯はまた回転寿司。
と言ってもボックス席のすぐ隣で握ってくれるので、回転しているのは取らなかったけど。
一皿の値段が600円くらいまであるお店だったけど、自宅の近くの99円均一の回転寿司の方が美味しかったなぁ。
(海の近くだというのに、寿司運がないなぁ・・・。)

空は雲が多かったけどとても澄んでいて、星が良く見えました。
だけど翌朝は早起きなので、さっさと就寝。



朝。

部屋の窓から。
(海がこんなに近いのに、なんで寿司運が・・・ブツブツ)

この日は串本大橋を渡って、ホエールウォッチングの漁船が出る紀伊大島へ。
漁船の出港は7時。その30分前に集合。

朝も早いし、何より船酔いが心配だったので、朝食は各自コンビニのおむすび1個。




到着。
乗るのはこの船。

一吉丸

船長が、一緒に乗るもう1組のお客さんが道に迷っているって。
名古屋からの女性客2人。
待っている間に傘を干したり、バスタオルを干したり、港の猫と遊んだり。
しばらくすると彼女たちの車が、木の枝を後ろに引きずりながら到着。
うーん、頑張ったんだねー。

で、約1時間遅れで出港!



動画も撮ったんだけど、息子が騒いでうるさいので漁船だけ。
というのは言い訳で、動画のアップの仕方を忘れました。

途中、トビウオが見えました。
ホントに飛ぶのね!


1時間ほどして急にエンジン音が低音になり、イルカ発見!
と思ったらイルカじゃない!小型のクジラ、ハナゴンドウ発見!

場所はこの辺り。



船が進まなくなるとヘンな揺れ方をしだして、まず娘が船尾に消えました。
しばらくクジラを見ていた息子も座り込んで動かなくなり、撮影どころではなくなり、カメラをしまいました。


撮れたのはこのくらい。





いつ水上に出てくるのか分からないので、撮るのは難しかったですー。


実は名古屋の2人も入れ代わり立ち代わり船尾に行っていたので、時間は早いけど港に戻ることにしました。


もうすぐ港。


息子は船の速度が速くなるとみるみる回復。
娘は港に着くまで船尾にいました。

いい思い出になったかな?????


港に着くと、まずは水分補給。
暑かったし、まぁいろいろとあったからね〜。

食べる方はまだダメそうだったので、また串本大橋を渡って、潮岬灯台へ。



灯台の上からの眺めも素晴らしかったです。



前日の天気予報は雨だったんですけど、良く晴れてくれました。

そろそろこの日の宿に向けて出発。
途中お昼を食べるお店を見付けないと・・・。

だけどなかなか見付からない・・・。
山道に入ってしまうと全くお店はないし。
道沿いがダメならと、思い切って「駅前」へ通じる道に入ってみましたが、小さい町だったようで『ここで大丈夫か?』という店ばかりで決心が付かず。

結局14時過ぎに民宿兼お食事処を発見!
無事にお昼に有りつけました。
何でも有りなお店で、オムライス、お蕎麦、てんぷら丼、お寿司をそれぞれが注文。
いちばん美味しかったのが、さんま寿司。

一切れ、すでに誰かのお腹に入ってしまいましたが。
この旅行でいちばん美味しいと思ったお寿司でした。


お腹も落ち着いたので、宿を目指して出発!
またひたすら海沿いの42号線を走ります。


丁度チェックインの時間に到着!


はじめて天の川をハッキリクッキリ見て、驚いた場所です。

次回は「かわべ天文公園編」です。
2011.08.25 Thursday

今年の帰省 《ウミガメ公園編 8/25》

今日は9/21。
台風15号が静岡県に上陸し、関東に接近中です。
風雨はまだそれほど強くはないんですけど、これからどうなりますか・・・。


私たち家族が帰省のついでに紀伊半島を旅行した翌週、台風12号がこの地に甚大な被害を及ぼしました。
紀伊半島に降った記録的な豪雨は河川の氾濫や土砂崩れを起こし、それに伴って出来た「せきとめ湖」はいつ決壊するかと予断を許さない状態。

今回の旅行は紀伊半島の海沿いをぐるっと走るコース。
ひたすら42号線を走りました。
車で走って分かったのですが、山の中を走っていたかと思うと急に海が見えたりする道ばかりで、平地がそれほどないんですよね。
そんな急勾配の土地に何日も掛けて記録的な雨が降れば、もう。。。

どうして今年はこんなに酷い天災が集中するんでしょうね。




んー、どうも今回は書きにくいんですけど、日記代わりなので書くとしますか。。。
続きを読む >>
2011.08.25 Thursday

今年の帰省 《伊勢神宮編 8/25》

夏休みはもうとっくに終わったんだけど。(今日は9/15。)

(あ、今回の記事は長いですよ。きっと長い。)


毎年、関西のダンナの実家に行くついでに、あちらこちらに寄ることにしています。
昨年は上の子の受験があったので2年振りの帰省です。


8/24(水)の夜に自宅を出発して、途中休憩を取りながら移動。
8/25の明け方には第1目的地の伊勢神宮に到着しました。

私は伊勢神宮に行くのは初めてだったので、とりあえず場所の確認などいろいろ調べてみました。
すると「内宮」と「外宮」があることが分かりました。
「ないぐう」と「がいぐう」?
1つじゃないんかい?
場所も離れていて、どっちが俗に言う「お伊勢参り」の伊勢神宮なの・・・?
はじめはサッパリ分かりませんでしたが、調べていくうちに伊勢神宮とは内宮と外宮だけではなく125ヵ所の総称だと分かりました。
・・・125ヵ所って、なんでそんなにあるの???
時間もそんなに掛けられないしとにかく初めてなので、内宮と外宮の参拝プランを参考にして所要時間の長い方と、祀られている神様で、内宮に決めました。



生憎のお天気で、結構な雨が降っていました。



まだ8時前。
参拝客もまばら。

はじめて参拝するので、この橋が右側通行だと知ったのは帰り道に目に入った看板でした。(遅い!)
人が少ないことをいいことに、橋の上を右に左にウロウロしていました^^;


砂利の参道をしばらく歩いて行くと、立派な建物が見えてきました。



ここでお参りするのかな?


違った^^;
ここは『神楽殿』でした。

『正宮』はもっと先。



途中こんな大きな樹がありました。


すっごいピンボケ!


これは杉だよね?


樹齢、どのくらいなんだろう。


しばらく歩いて行くと、ありました。

『正宮』



と言われたので、石段下から撮影。


遠いよ〜。
この石段を上ったところに正宮があって、天照大御神が祀られています。

上っていくと、お賽銭箱があり、その後ろには布で奥が容易に見えないようになっていて(でも風で布がふくらんで、隙間から見えるんですけどね)、しかも休めの姿勢のままほとんど動かない警備員さんがいました。(絶対撮影できないわ^^;)

おとなしくお参りをして石段を降りてきました。

ダンナが言うには、「子供の時に遠足で来たときは奥まで行けたんだけどなー。」
以前は行けたんだ。。。行きたかったなぁ。。。


で、この正宮、20年ごとに建て替えるんだそうです。
「式年遷宮」といって、御装束や神宝を新調して、御神体を新宮へ遷すんだそうです。
次回の式年遷宮は平成25年。
すでに工事(と言っていいのか?だけど工事だよね。)が始まっていました。

「第62回」か。すごいな!


参道をそのまま戻り、鳥居をくぐって、「おはらい町通り」へ。
お土産屋さんがたくさん並んでいる通りです。


あら、ここの地名って^^;


いろんなお店がありましたよ。
食べ物屋はもちろん、組紐屋、竹細工屋、真珠屋(真珠の専門店?)・・・。

中でもいい匂いがしていたのは、干物屋さん

奥の壁にはマンボウ、写っていない右の壁にはエイもありました。
何でも干物にできるんですね。


ちょっとお腹が空いたのでここに入りました。


赤福

ガラス越しに作っている様子が見れます。



で、注文。


息子は食べないと言ったので3皿。
だけど「いいから1つ食べなさい!」と私のをあげたら、美味しかったらしく追加で注文。
ペロッと食べてしまいました。
さっぱりとしたこしあんで、番茶と良く合います。


食べたあともブラブラと。



当たりそうですね^^




ゆっくりしたかったけど、次の目的地に向けて出発です。






帰宅してから良く調べたら、お参りの順番があったみたいです。
まずは外宮から^^; 次に内宮。

しかも読み方も間違えてました^^;
 内宮 ・・・ ×ないぐう  〇ないくう
 外宮 ・・・ ×がいぐう  〇げくう


次にお参りするときは、ちゃんとお参りします(‐人‐)
Powered by
30days Album
PR